情報を得ること

リングとパール

結婚指輪を選ぶとなれば、必要な情報を事前に知っておいたほうがいいでしょう。そうすることで、お互いに気に入った指輪を見つけられますし、ずっと着けられるようなものを選べるようになります。

Read more »

永遠の愛の形

リングとパール

結婚をした人が身につける結婚指輪。そんな結婚指輪が他の人と同じ物であるのは嫌と考える人は少なくありません。だからこそ、今では手作りで結婚指輪を作るカップルも非常に多くなっているのです。

Read more »

ダイヤの価値

結婚

一般的に婚約指輪として贈る宝石は、ダイヤモンドが挙げられます。ダイヤモンドは、いわゆる4Cと呼ばれる基準でその価値が変わるため、出せる費用とこうした4Cによる価値を勘案し、適した指輪を選びましょう。

Read more »


選ぶ方法

指輪の交換

婚約指輪は給料の3ヶ月分、と暗黙の了解のように皆さん自身もどこか感じていることはないでしょうか。 しかし、昨今、価格、デザイン、日常的使用を目的とし、個人的趣向を尊重し、様々なニーズに合わせた婚約指輪が登場しています。 婚約指輪とは人生の一大イベントとも言える特別な贈り物。 ですから、おのずとハードルは上がる一方です。 ハードルを上げれば上げるほど億劫になってしまうのも否めません。 しかし、現在はデザイン性に特化させたものや、日常使用を目的としたシンプルなデザインなど、また、価格も様々なプランニングが用意されており、価格第一より気持ち次第なのだと感じます。 気持ちのこもった贈り物は、誰しもうれしいものです。 婚約指輪は購入ですが、生涯の伴侶はプライスレスです。 自身、互いのニーズに合わせた指輪選びを。

婚約指輪とは婚約を誓ったその日から、結婚した日まで身につけるもの、とは限りません。 婚約指輪は永久の愛をモチーフにダイヤが煌びやかに散りばめられ、デザイン性が豊かなイメージがあります。 ですが、デザインばかりに気をとられると、日常使用が難しくなったりします。 ですから、相手が日常、アクセサリーをどのように身につけているか、アクセサリーに対してどのような感覚でいるのかなど、相手の趣向をよく理解した上で指輪選びを行うことが一番の理想です。 相手が、アクセサリーは特別な日に身につけ、自身をより美しく表現しようとポイントで使うのか、はたまた、日常的に身につけ、いつも肌身離さずしているのか、などがポイントとなってくるでしょう。 普段の相手のアクセサリーの使用頻度や服装などから相手の特徴を見出すのが大事になってくるのではないでしょうか。